社会個人主義の研究

 

個人がやりたいことの追求」

 

「社会全体の利益」


このふたつは、同時に達成可能である!

 

 

個人の自由と権利を追求しすぎると、エゴとエゴが衝突することがある

 

社会全体の効率ばかりを追求すると、個人の選択する自由が大きく制限され、

 

個性が消滅していく

 

この相反するものを、うまく融合することはできないだろうか

 

それを可能にするのが社会個人主義である

 

 

   社会個人主義

        個人が自由を追求するひとつの重要なやりかたとして、

個人が自発的に社会貢献を選ぶこと。

周囲からのプレッシャーではなく、あくまで自分の選択で、

「それが好きだから」

「満たされるから」

「自分が幸せになるから」

という理由で、社会貢献を選ぶ個人を育成する

 

       くわしくは、上記の社会個人主義とはを参照ください